スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LOVE♥カニ君!V(・肉・)V

中学男子がハートかぁ…とか冷めた目で見てるそこのあなた!


カニの可愛さの前には普段クールぶってネックレスやらブレスレットつけてるような野郎ですらハートマーク付けたくなるのです!



という訳で今回はカニについて語ってみたいと思います!



カニというとやはり「飼う」イメージより「食う」イメージの方が強いと思われます。


BAGOOON!もタラバ(ヤドカリですけど)やズワイ、毛ガニが大好きです。


だって美味しいですもの、お正月には家族でカニむいて食います。


でも飼うほうに目を向けるとこれがなかなかどうして楽しい



わりに、


「超マイナー」ボソッ




海水の水槽だとライブロックについてきて魚を襲ったり付着させた藻などを食べてしまう嫌われ者らしいし(-_-;)


なかにはキモくてしょうがないウミケムシを食べてくれるアロークラブなんていうのも売られているけど


ほとんどは厄介ものだということでフグの餌にされたりして処分…



なんてもったいない!




まぁ、海水性にカニに関しては詳しくないので置いておくとして


なぜ淡水性のカニがブームにならないのか!


それは!





種類が少ないから!

体色が地味なのが多いから!流通名がないものがほとんどだから!これに限ります。




比較的有名な淡水性のカニには

スパイダークラブと
46718-1.jpg

サワガニ
dehaani.jpg

これらの仲間がいます!


スパイダークラブはオーストラリアジャイアント~、ミクロ~など


横文字のかっちょいい流通名がついています。



サワガニは


タイ産~、インドネシア産~、ミャンマー産~など


~で略してしまうとかわりにバナナやマンゴーが入っても違和感がない感じになってしまいますヽ(´Д`;)ノ


流通名は…知りうる限りではバンパイアクラブ、レッドデビルクラブ位ですかね…


流通名は男の中に巣食う中二心を刺激するようなものばかりですが流通自体が少ない!


もっと!もっとカニを!と



ぶっちゃけここまではどうでもいいです


これ以上書くとまとまらないんで



今回はサワガニの仲間の飼育方法を特集します!

サワガニというと
b0211695_834522.jpg
0610033upss.jpg

日本産のと


DSC01245.jpg

熱帯産のがいますが



実はこれらの飼育方法は大して変わらないんです!


強いて言うなら日本産のが若干高水温と極端な低水温に弱い位ですかね


僕が飼ってるインドネシア産のバンパイアクラブは上は三十度、下は十度超えなければふつーに飼えます。


飼い方はいたって簡単


用意するものは
・プラケース(小さめので構わない)
・カルキ抜き(なくてもいいという噂もあるがあるに越したことはない)
・石、砂、流木など(水深の調節に使う)
・ウィローモス、マツモなどの水草(非常食にもなり水質浄化に効果あり)
サンプル
DSC01244.jpg

単体飼育ならこれでOK!


餌は赤虫やイトメを好むようですがフレークやくだいたタブレットなどなんでもよく食べます!


丈夫に育てたいならカルシウムなどが配合されているエビ用の飼料がいいかと


複数飼育なら

大きめのバケツや水槽にこれらを入れて上げればよし、


注意点としては水深が浅いところと深いところ、体が全部出るようなところを作ってあげることが大切です!


体に付着した菌やコケなどを体を乾かすことによって退治するので!


あとは複数飼育するなら脱皮した子は傷つけないようにして取り出して別の容器に1ヶ月位隔離することです!


脱皮後は殻がやわらかく、ちょっとした喧嘩やぶつけたり引っ掛けたりで傷ついてしまい、そこから感染して死んでしまったりするからです!


基本的に繁殖も可能ですが大量に生まれて大量に死にます。


稚カニは親と同じものを食べますが細かく砕いて与える必要があるため若干面倒。



あと夜行性で脱走の名人です。


コードやアクセサリを伝って外に出て死んでしまうことがあるので水槽で飼うならアクリル板などに穴を開けて


そこにコードを通すなど工夫が必要です。


上に挙げた注意を見るに大きい水槽に複数入れるより細かくケースに分けて1匹ずつ飼育するほうが管理が楽で良いかと。


エビを飼育経験があるかたならご存知と思いますがカニも甲殻類なので薬品、高水温には弱いです。


特に夏場はこまめに水換えをして水温を低くキープすることが重要


殺虫剤の使用は厳禁です。


夏場は地獄のような不便さですが冬はヒーターを入れなくても夜にストーブをたいている部屋なら平気


リビングなどでは冷えすぎるかもしれないのでそのへんは注意


プラケースに入れておけば冬場は夜になったらお部屋の直射日光の当たらない位置に運んで上げるとよし!


水質は急変さえさせなければOK!


日々のメンテナンス

えさやりは2日に一回、動きが活発になる夜に上げると良いでしょう。


おすすめは赤虫をピンセットで与える!


ハサミでしっかりつかんで口元に持っていって食べる姿は超萌えます!

DSC01243.jpg

写真は赤虫を見つけたところ


普段はあんまり動かないんですが餌を見つけた途端に素早くつかみかかります!


毎日少しずつ糞をするので見つけたらスポイトで取り除いてあげましょう。


減った分の水を足してあげれば特別水換えをしなくてもいい感じです。

夜と朝にチェックしてお掃除、2日に1回のえさやりで冬場は完全に問題なし、


夏場はいろいろあるそうですけどそのへんはえびの飼育に準じます。


スポイトで掃除したり余った餌をピンセットでとってやるとそのうち威嚇してきます。


本人?は怖がらせようとしてるんでしょうけど小さい体でハサミを振り上げて


「怒ったぞ~」ってやってるのはときめくくらいカワイイですよ!


あと思ったほど手を挟んだりはしてこないので手に乗っけて見ると驚くくらい早く走ります。


面白いので時々やりたくなりますが落としたり、ストレスで死んでしまっては元も子もないのでやめときましょう


挙げたようにカニはエビや魚には見られない可愛さや面白さがあって魅力的なペットです!


僕の乏しい文章力でどれだけ魅力を伝えられたかはわかりませんが「飼ってみたいな~」と思った人が一人でも居てくだされば幸いです。


もしかしたら書き忘れや文章が変になっててわからないところがあるかもしれないので質問等有りましたらこめんと欄からどうぞ!


では!






※豆知識コーナーは時間の都合で答えのみ乗っけます。

アオウミウシ、ゼブラガ二、ホラガイが正解です!

このコーナーの答えについての解説を次の記事のネタにしてやろ…

何でもありません、では!
スポンサーサイト

プロフィール

BAGOOON!

Author:BAGOOON!
職業 高校生
好きなもの 生き物全般
趣味 ゲーム、熱帯魚の世話

内容はほぼ熱帯魚関連です。


はじめての方でもお気軽にコメントしてください!
コメントの返信はコメント欄にて必ずします!
相互リンクも募集中です!

現在、遊び呆けていて更新、返信共に遅くなっていますが許してください

アナログ時計(黒)
月別アーカイブ
最近の記事+コメント
カテゴリ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
15785位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
熱帯魚
1130位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。